海外で医療を受けたとき

イラスト

海外で医療機関に受診した時も、国内にいるときと同様に健康保険の給付の対象になります。ですから海外にいる期間も保険料を徴収されています。

ただし、海外には日本の保険医がいませんので、いったん海外の医療機関に医療費を立て替え払いしたのちにそれを証明する書類(医療機関の診療内容明細書、領収明細書、パスポート等海外渡航の事実が確認できる書類の写し、海外の医療機関等に照会を行うことの同意書など)を健康保険組合に提出して、療養費扱いとして払い戻してもらうことになります。

海外で病気やケガで医療機関にかかった場合は(業務上、通勤途上のものは除く)、一時全額立て替え払いして、健康保険組合に請求すると、後で健康保険の基準にて支払われます。請求の手続きは、国内で医療機関にかかったときの療養費の手続とは少し異なりますのでご注意ください。
支給額は、海外で医療機関にかかった場合は、国内で保険診療が行われたとした場合に照らした基準となるため、国外とは異なり、支給額に大幅な差異が生じることもあります。
なお、支給額に算定に用いる邦貨換算率は、その支給決定日の外国為替換算率(売レート)を用います。

在職中の方で申請される場合は事業所経由でご連絡下さい。

このページのトップへ