70歳以上の方を含む世帯での合算の仕方

 年齢により、合算の仕方が異なります! ● 70歳以上の「高齢受給者」はそれぞれすべての自己負担を合算できます。 ● 70歳未満は21,000円を超えた場合、合算できます(後期高齢者医療制度該当者を除く)。 「高齢受給者」は・・・   同一月に世帯内でかかった自己負担をすべて合算できます。 若年者は・・・   同一月に世帯内でかかった自己負担のうち、21,000円を超えたものしか合算できません。     なお、同一世帯であっても、異なる医療保険に加入している者同士では合算はできません。健保と国保、健保と後期高齢者医療制度というような場合には、合算はできないこととなっています。     合算の順序 【1】   【2】   【3】 「高齢受給者」「後期高齢者医療制度該当者」の外来にかかった自己負担を個人単位で合算して、個人単位の限度額を適用 世帯内で、「高齢受給者」同士、「後期高齢者医療制度該当者」同士でそれぞれ入院と外来の自己負担を合算して、世帯単位の限度額を適用 若年者のいる世帯では、「若年者」と「高齢受給者」とで自己負担を合算し、若年者の自己負担限度額を適用 後期高齢者医療制度該当者分については合算しない   ※図中、「後期高齢者」とあるのは、「後期高齢者医療制度該当者」の略です。   医療保険と介護保険の自己負担額の合計が著しく高額になった場合   医療保険と介護保険の自己負担額の合計が著しく高額になった場合に、これらを合算した額について、年額の上限(算定基準額)を超えた分について還付するという負担軽減の仕組みが平成20年度から設けられました。
このページのトップへ