こんな時、すぐに健康保険組合にご連絡を!

以下のようなケースは、健康保険組合に必ず届出をしていただくことになっていますが、無断で健康保険証を使用される場合があります。届出もれのないよう被保険者に周知、徹底していただきますようお願いいたします。

交通事故によってケガをした時

【例】

  • 単独事故の時
  • 相手のいる事故の時(車 vs 車、車 vs バイク、車 vs 人) など

第三者行為によってケガをした時

【例】

  • 公園の遊具が壊れていて子供がケガをした時
  • 人にケガをさせられた時 など

本来、相手側が治療費を負担するべきですが、所定の手続きをすることによって健康保険組合が一時的に立て替えできる場合があります。まず連絡してください。 06-6226-1463(給付係)

通勤途中でケガをした時 保険証は使えません!

【例】

  • 駅の階段で転びケガをした時
  • 通勤途中で交通事故にあった時
  • 被扶養者がパートに行く途中、車にはねられた時 など

仕事中にケガをした時 保険証は使えません!

【例】

  • 機械にはさまれてケガをした時
  • 机につまづいて捻挫した時 など

労災保険の適用となりますので健康保険で治療はできません。誤って健康保険で治療した場合はすぐに御連絡下さい。その治療費は返金していただくことになります。

以上の理由で、健康保険証を使用した場合には、負傷原因届の提出が必要となります。
交通事故等、第三者行為によってケガをした時は、他に①事故発生状況報告書、②念書、誓約書、③事故証明書(原本・自動車安全運転センター交付)が必要です。

なお、交通事故で健康保険証を使わずに自動車保険で処理される場合や業務上の事故等で当初より労災保険で処理される場合は、上記の手続きは不要です。

このページのトップへ