医療保険制度の比較

区分 セキスイ健康保険組合 国民健康保険
一般被保険者 任意継続
被保険者
特例退職
被保険者
加入資格 セキスイ健康保険組合の加入事業所に勤務している人 セキスイ健康保険組合の被保険者期間が2ヵ月以上ある人 セキスイ健康保険組合の被保険者期間が20年以上または、40歳以降10年以上あり、老齢厚生年金の受給権のある人 (国保は、退職したサラリーマンや その家族が75歳になるまでの間の、一般的な「受け皿」となっています。)
保険料
(本人負担分)
本人の標準報酬月額×40.5/1000
本人の標準賞与額×40.5/1000
(例)
(標準報酬月額)
410,000円×40.5/1000
=16,605円
賞与
500,000円
の場合
500,000×40.5/1000
=20,250円
退職時の本人または前年9月末の全被保険者
(特退を除く)の平均標準報酬月額×90/1000
(1ヵ月)
410,000円×90/1000
=36,900円
{(前年9月末の全被保険者(特退を除く)の平均標準報酬月額)+(前年の平均標準賞与額×1/12)}×1/2×90/1000
(1ヵ月)
280,000円×90/1000
=25,200円

所得、家族数、世帯あたりをベースに算定(市町村により差がある)
医療費の負担
高齢者制度
70~74歳
本人 3割
食事療養標準負担額
1食につき360円
同左 同左 同左
高齢者制度 外来1割 自己負担限度額12,000円
入院1割 自己負担限度額44,400円
食事療養標準負担額 1食につき360円
家族 3割
食事療養標準負担額
1食につき360円
(小学校就学前の乳幼児は入院・外来ともに2割)
同左 同左 同左
付加給付の支給により1人1ヵ月
医療機関ごとに25,000円まで
市町村により助成制度がある
保健事業 成人病検診、主婦健診、薬剤斡旋、などの保健事業が利用できます。 市町村により、健康診査、健康相談など実施している
このページのトップへ