特例退職被保険者制度の加入資格

退職後に「厚生年金保険等の老齢厚生年金」の受給権者であり、年齢が75歳未満の方で、次のいずれかに該当する方です。

  1. セキスイ健康保険組合の被保険者であった期間が20年以上ある方。
  2. セキスイ健康保険組合での40歳以降の被保険者であった期間が10年以上ある方。

再就職して、就職先の健康保険に加入する人は除かれます。ただし、再就職先を退職後に再加入することができます。

一定範囲の家族についても一般被保険者と同様に、特例退職被保険者と一緒に生活し、主として特例退職被保険者の収入によって生活している人は被扶養者として加入することができます。

一定範囲とは、下の図のとおりです。

被扶養者になれる対象範囲

被扶養者となるには、上記の対象範囲に該当していることに加え、被保険者がその家族の方の生計を維持していることと、継続的に扶養する能力があることが要件となります。

75歳以上の方は「後期高齢者医療制度」に加入するため対象外です。

このページのトップへ